家相を調べると

家相というのは家の間取りによる家の運勢についてのことですが、家相の占いにより、風水とかの間取りが気になるようになってきます。
家相では鬼門の方角があり、風水上よくありません。
玄関というのは、入ってるところなので綺麗にしておかないといけませんね。
家相学で方位など診断しますが、家相盤というものが活躍します。
地相というものもあり、家相とともに方位など墓相を気にしなければなりません。
家相入門として、方位盤を持っていてもいいかもしれませんね。
家相の上で階段の位置とかの鑑定も必要ですが、風水で方位があり、家相図は作っておかなければなりませんね。
欠けとか間取など、マンションでも家相は気にしますが、八方位というものもあり吉凶図は必要ですね。
子供部屋も家相では良い間取にしたいものです。
建築の時に、家相は見ておきましょうね。
良い家相になるように、トイレの位置も気にして、庭や樹木、神棚、寝室、門と方位など開運になるように風水で悪い家相にならないように張りとか相談して見ておきましょう。
自分で家相の見方を知っておくのもいいかもしれません。
細木数子の家相も参考になりますが、浄化槽化にする時に良いのか悪いのかきになります。
家相では中心は何が良いのでしょうか。
鬼門の方位がありますが、裏鬼門というものもあり注意が必要です。
風水では家相学などで判断しますが、乾トイレとか仏壇張りかけ、表札に北玄関とか北風呂、井戸に仏間、床の間と家相は大事ですね。
新築にする時、家相は見たいですが、風水で方角などの設計は必要ですね。drコパも家相を見ますが、風水でのトイレや鬼門に亥のトイレと住宅の家相は気になります。
北西の玄関は家相でそうなんでしょうね。吹き抜けや庭木、台所とか北東の方角はどうでしょうか。
家相で家の色というのも、必要な要素です。本もありますし、表とか見て決めてみましょう。
方位学で家相は現代において、注目されてます。
風水の家相診断とか、家の中心の求め方は大事なことですし、年回りで八方位はありますので八方位図を見て吉凶一覧を見ましょう。
高嶋易など家相対策をしましょう。
福島や沖縄、富山県では家相が必要みたいですよ。
真北とかミカゲ石を見て方位盤を気にしながら家相を見てみましょう。

運勢で今年は!(前の記事) | 開運のツキ風水インテリアで占い開運のツキを開け!(TOPへ) | 開運のツキ!(次の記事)
カテゴリ:家相

RSS

開運のツキ風水インテリアで占い開運のツキを開け!へようこそ!
当サイトのRSSリーダーに登録すると、 自動で更新情報が届きます。
とても便利ですので、ぜひ、ご登録ください。

My Yahoo!に追加
My Yahoo!のRSSリーダーについて

カテゴリ

サイト検索

space